読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄板日記

はぁぁ~いらっしゃ~い!ようこそはてなブログへ~!どうぞどうぞ~!ゆっくりしていってぇ!いやまってたよぉ!やっとお客さんが来てくれたゆぉ!うれしいなぁねぇなに読む?いろいろあるよぉ。これねTOPページって言うんだって博士におしえてもらったの!ここからいろんな記事に飛べるからソレを使ってね…。お客さんじゃないのかぁ…。ペッ!

オフ会というものに参加したことがない

まったく・・・

 

上の記事のブクマで「ブクマ―でオフ会しようずー」みたいなこと言ってるアカウントがちらほらいる。

こんなかでガチで主催しそうなのはnetcraftさんぐらいじゃないだろうか。

普通に顔出してるし、社長だし。

人脈ありそうだし、社長だし。

俺が知らないだけで、オフ会幹事常連みたいな人いるのかもしれんけどね。

 

俺はというと、オフ会なるものには参加したことはない。

それ以前に、ネットと現実をとにかく切り離したいと考えているため、自分のリアルの事情さえネットに書くことが滅多にない。

おそらく俺のTwitterのフォロワーやはてブのお気に入りでさえ、俺が何処住みで何してる人かは知らないだろう。

 

オフ会に出たことはないと言ったが、それに近いことはやったことがある。

俺は高校3年生のとき、ネットで見た合格体験記みたいな話に洗脳されて、やたら良い大学に入りたいと思っていた(俺にもそんな時代があった…)

そこらへんのFランク大学なら入学できただろうが、それではイカンと思い、浪人することにした。

ところがいざ浪人してもロクに勉強もせず、しかも外に出ないので、ひきこもりニートな生活が続いた。

親もキレてパソコンを破壊しようとしてきたので喧嘩したりしていた。

我ながら相当酷い、黒歴史というレベルではない。

で、1年浪人はしたものの、勉強全然しなかったので当然大した大学には狙えず、高3の時点でも受かったようなレベルのFランク大学を受験するハメになった。

パソコンが好きだったので、何でもいいからそういう大学にしようと思い、情報系の大学を受験した。

理系が尽く苦手だったため、英語と国語を選択して受験。

*1前々日、オヤジが買ってきた沖縄みやげのソーキそばに当たり、前日はひたすら吐き続けていたが、なんとか大学には受かった(当日もクソ気持ち悪くて頭朦朧としていたが)

 

ここからが本題なのだが(前置きなげーって)

その大学は専用の掲示板を持っており、その中のスレには入学前の人間が集うようなものも存在した。

自分も入学前まではそこに目を通し、書き込みなどもしていた。

入学式が近くなると、そのスレの一人が「入学説明が終わったらみんなで集まろう」みたいなことを言い出した。

俺は当然大学に知り合いなどいないし、全く知らない人と一から仲良くするよりは、ここのスレの奴らと仲良くした方が良さそうだと思い、その考えに賛同した。

入学式当日、約束通り説明会が終わると、スレ住人が集まっている席(事前にこのへんに集まろうというのは決めといた)へ向かった。

のだが。

 

なんかみんな掲示板のキャラと違う…。

 

具体的に言うと、みんなテンション低い。

お前ら掲示板ではあんなにハイテンションだったじゃん…。

自分も相当ネット弁慶のつもりではあったが、それを遥かに超えるネット弁慶の集まりだった。

いや、ネットとリアルで人格が大なり小なり違うことはわかっていたつもりだが、ここまで違うのかと結構ショックを受けた。

なんか掲示板のノリで話かけた自分が恥ずかしくなった。

その後、特に掲示板にいた奴らとはツルまず、*2新入生懇親会合宿で同部屋になった奴らと一緒に行動するようになった…。 

 

オフ会とは厳密には違うが、ネットで接していた人物とリアルで邂逅するとこういうことが起こりうるイメージが根付いてしまった一因だ。

 

 

あと、こんなこともあった。

俺は一時期はてなTwitterで粘着されていたことがあった。

粘着していた人物をAとしよう。

粘着されて辟易していたそんなとき、自分にフォロワーの一人がダイレクトメッセージで話かけてきたことがあった。

この人物をBとする。

話を聞くと、Bも自分と同じようにAに粘着されているらしい。

しかも、BとAは元々は仲がよく、昔は家に呼んで遊ぶほどの仲だったようだ。

故に、現状Aに住所を知られてしまっているBは気が気ではなかったようだ(実際、住んでいる場所に●●しにいく、のような脅しも言われたとか)

その話を聞いて、自分はネットのみで粘着されているからまだマシだが、リアルにまで粘着されたらたまったものではないなと同情した。

その後、Bは俺に下記のような提案をしてきた。

「一度実際に合って話をしないか?同じ悩みを持つ物同士、少しは気が晴れるかもしれない」と…。

確かに、それはありがたい申し出だ。

 

だが、俺は頭にふとこんな考えが浮かんだ。

「このBが(もしかしたら自分も)Aにならないと言えるのか」と。

発端は謎だが、AとBはネットを通して出会った。

それて意気投合していた時期もあった。

だが現に今、BはAの恨みを買っている。

自分とBがリアルに会って、同じようなことが絶対起きないと果たして断言できるのだろうか?

別に、いきなりお互いの家を訪問するわけでは当然ないし、お互いの住所が割れるわけでもないが…。

 

さらに、もっと悪い考えが俺を襲った。

「BがAに脅されて、俺を誘い出そうとしてるのでは?」

「出て行ったが最後、待ちぶせしていたAに刺されるのでは?」

今冷静に考えてみると、お前は雛見沢症候群かというレベルに人を疑いすぎていて苦笑してしまうが、当時は結構真剣にその可能性を考慮していた。

(自分も粘着されていて、精神的に疲弊していたせいだと思いたい)

そんなこんなで、せっかくの親切に申し訳ないと思いつつも、俺はBの申し出を丁重に断った。

 

まぁ、一言でまとめてしまうと「ネットの人とリアルで会うと犯罪に巻き込まれそうで怖い」で済んでしまうんですけども。

 

 

他にオフ会に出ない理由としては

ネットで興味がある人物がいたとしても「興味がある⇒だから直接会って話したい」とならないことが、そもそもとしてあるかもしれない。

当然、興味がある人物に自分を認知して貰いたいとも思うのだが、それを直接会ってしまうと何か反則というか、俺的ルールに違反しているというか。

直接あったらそりゃ認識せざるおえないだろうみたいな。

個人的には何でもいいから淡々と活動していくうちに、その活動がその人の目に止まって、「いや~feitaさんの○○良かったですよ」みたいなことを言われるのが一番嬉しいんですけどね。別に口じゃなくて☆とか評価的なものならなんでもいいけど。

むしろ、文章だと返信しなきゃいけない感じがして面倒くさい気もする(興味ある人に話しかけられて返信めんどくさいって、お前ホントに興味あるのかと)

 

あと単純に大勢が嫌だってのもあるかな。

もし会うならやっぱり一対一がいい…けど怖いっちゃ怖いですからねー。

やっぱ無理かな。

 

なんかぐだぐだ言いましたけど、たぶん実際オフ会出たらそこそこ楽しめるとは思うんですけどねー。

ここまでの内容読むと、こいつホントに社会でやってけてんの?って感じですが、仕事とかではちゃんと会話しますしね(金かかってますし)

ただ、ネットでのコミュニケーションの方が家でもいつでもできるし、同じぐらいの楽しさならじゃあそっちでいいやってなるだけで。

なので私と会いたい方(えっ?)は諦めずに誘ってみて下さいね。

奇跡的に「よーしパパオフ会行っちゃうぞ~」みたいなテンションになる可能性が無きにしもあらず。

べ、別に誘って欲しいなんて思ってないんだからね(棒)

 

 

そんなわけで。

 

n-stylesn-stylesオフ会を遠くから眺めるだけのメタオフ会が開かれそう 2014/04/26

オフ会自体には参加しないですが(別に誘われてもいないですけど)、そこで何が起こったのかとか、あの人はリアルではこういう人でしたよみたいなレポが上がってくるなら是非読みたいとは思う。

のではてなー(ブクマ―)のオフ会をfeitaは期待しております。

 

*1:オヤジが沖縄から帰ってくるのが一日遅かったら、ガチで俺の人生狂ってたと思う。

*2:ちなみに、仲良くなったきっかけとしては、この時俺はアニメのFate/stay nightにハマっており、それのOPテーマをケータイの着信音にしていた。うっかりマナーモードにし忘れていたため、それが流れてしまったのだが、結局それでアニオタ趣味が露見して、同士が釣れたというわけだ